全ての女性に贈る美容専門サイト

あやめの美容ブログ

クレンジング 未分類

クレンジングの選び方と役割を一から学ぼう!肌に優しい洗顔料は?

更新日:

 


 

みなさん普段よく使っている「クレンジング」

しかしこの
クレンジングについて正しい選び方と役割を知っていますか?

 

あなたの使っているクレンジング料は
正しい選び方をして購入したものでしょうか?

実はクレンジングによっては
お肌にかかる負担が全く違うため

クレンジング料の種類と特徴を知ることは
とても大切なんです。

そこで今回はどのような選び方を
すれば良いのかについてお話したいと思います。

 

クレンジングの役割

クレンジングの役割を知っていますか?

 

みなさんほぼ毎日使っているので
ご存じだとは思いますが。

油性の汚れでもあるメイクアップを落とすことですね!

 

メイク料はほとんど油性です。

その油性の汚れを落とすためには
まず油性の汚れを油分で浮かせなければいけません。

 

そのため
メイクをした日は水だけでなく、
クレンジング料で洗顔することが必要なんです。

クレンジング料の効果

クレンジング料にはメイク剤を浮かせる油性成分とともに
界面活性剤が配合されています。

界面活性剤と聞くと肌に悪いというイメージがありますよね。

 

しかし

油分で浮かせた油性の汚れを水で洗い流すためには
界面活性剤はどうしても欠かすことのできない成分なんです。

 

<界面活性剤の役割>

脂と水を混ざりやすくする物質で
油性の油分と水が乳化して混ざり合い
短時間でしっかりメイクを水で洗い流すことができます。
しかし界面活性剤が多すぎると肌の潤いを奪いずぎるので
使用するクレンジング料には注意が必要です。

 

クレンジング料を選ぶ時の注意点

クレンジング料には色々な種類があります。

たとえば

・オイルタイプ
・クリームタイプ
・ミルクタイプ

これらは油分と界面活性剤と水分のバランスによって種類が
変わり、種類によって洗浄力にも差がでてきます。

ただし

洗浄力が高いとお肌への負担も大きくなってしまうので
自分のお肌に合ったクレンジング選びが必要になります。

実際のところ
自分の肌にあったクレンジング選びができていない方が多く
スキンケアどころか逆に肌トラブルを起こしてしまっている場合があります。

そのため

自分の肌に合ったクレンジング料選びと
正しい使い方をすることが美肌への一番の近道です。

肌に優しいクレンジングは?

クレンジング料の中でも、肌に負担をかけずに
バランスが良いのがクリームタイプです。

なぜなら

油分を適度に含み、メイク汚れを浮かせるのに適しているからです。

またジェルタイプも肌に優しく
おすすめのものとしては油分を含んで乳化してあるものが良いです。

これらのタイプは肌への優しさと洗浄力のバランスが
良いのでデイリー使いにおすすめです。

 

洗顔後に肌の調子が良くないと感じているのであれば
一度クリームタイプかジェルタイプを使ってみることをおすすめします。

肌に負担が大きくクレンジング料は?

クリームタイプやジェルタイプとは反対に
肌に負担が大きいのがオイルやリキッドタイプです。

 

オイルやリキッドタイプはさらっとした使用感と
毛穴の奥から汚れが落ちるイメージのクレンジング料として
人気ですが実は界面活性剤が強いものが多いので
肌への負担が大きくなってしまいます。

また

ミルクタイプは水分量が多いためメイクとのなじみが
悪くなっている分、界面活性剤を多く使用している傾向があります。

トータルして考えるとクリームタイプか乳化ジェルが
肌には優しいといえますが

けっしてどれでも良いというわけではありません。

全てのタイプに良し悪しがあるので
それぞれ自分の肌で試しつつ
洗浄力が弱めで肌に優しいタイプのものを選らぶのが
クレンジング選びのポイントです。

 

クレンジングは手早く終わらせる!

みさなさんはクレンジングにどれくらい時間をかけていますか?

メイク汚れをしっかり落とそうとして
長い時間をかけているのではないでしょうか?

実は

クレンジング料が肌に触れていれば触れているほど
肌の潤いは無くなっていくんです!

 

クレンジングの時にメイクアップ料を
ガッツリ落とさなくても
そのあとの洗い流しでもある程度メイクアップ料を
落とすことができるので問題ないんです。

 

むしろ、クレンジングをしてすすいだあとに
肌に少しヌルっとした感じが残っているくらいでも
全く問題はないんです。

そのまま洗顔に移りましょう!

 

クレンジング料は適量を使う

またクレンジングの際に気を付けたいのが

必ず適量を使うということです。

特に高価なものの場合には
ついつい量を少なくしてしまいがちですが

量が少ないとその分肌を強くこすってしまい
摩擦で肌が傷んでしまいます。

 

使う量の基準としては

クリームタイプであれば
さくらんぼ2個分くらいの量は使うようにしましょう。

 

-クレンジング, 未分類

Copyright© あやめの美容ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.