全ての女性に贈る美容専門サイト

あやめの美容ブログ

未分類 肌の仕組み

セラミドの量が肌荒れに大きく影響するって本当!?潤い成分の秘密! 

更新日:

 


 

テレビのCMや美容雑誌、スキンケア用品で
よく耳にするセラミド。

みなさんはこのセラミドについてどれくらい
知っていますか?

「なんとなく肌に大切な成分なんだろうな~」
くらいにセラミドのことを思っているのではないでしょうか?

あまい!あますぎです!!

もし今あなたがお肌に潤いを感じていないとしたら
セラミドによる原因が大きい可能性があります。

では
セラミドはどれくらい重要なのか?
について勉強していきましょう。

 

 

肌の潤いには欠かせない

 

肌の一番外側にある角層の中は
レンガと接着剤に似た構造をしています。

角質細胞がレンガの役割をして
セラミドなっどの細胞間脂肪がセメントの役割をします。

セラミドなどの細胞間脂肪は角質細胞1つひとつをつなぎ
隙間のないバリア機能をつくっています。

細胞間脂質の役割は?
細胞間脂質はいろいろな資質が混ざり合って作られていますが
そのうちの約60%はスフィンゴ脂質や遊離脂肪酸などで作られていて
残り40%はセラミドで構成されています。

このセラミドが多いか少ないかで
潤いのあるお肌になれるかどうかが決まってくるんです。

では

そのセラミドはどこで作られているのでしょうか?

表皮と真皮の間には「基底層」と呼ばれる
細胞の層があります。

この基底層はどんどん表皮細胞を生み出し
皮膚の一番外側(表皮)まで押し上げます。

通常約4週間かけて押し上げられるのですが
この間にセラミドは表皮細胞の中で熟成しながら作られて行きます。

そして
約4週間後に角質細胞に変わる瞬間に
セラミドは細胞の外にでてきて細胞の潤いを保つ働きをしてくれます。

しかも
セラミドは肌の水分の80%近くもキープしてくれるという
実験結果もでているんですよ!

年齢とともにセラミドも減少

残念ながら年齢を重ねるとともにターンオーバーは
遅くなっていきます。

このターンオーバーが遅くなると
肌機能も衰えていくのでセラミドが作られる力も弱くなり
肌の潤いを保つことが難しくなります。

つまり年齢を重ねると
肌が乾燥しやすくなるのはこのセラミドの減少が原因なんです。

若い人でも乾燥肌がいるはなぜ?

年齢によるセラミドの減少が乾燥肌の原因にも関わらず
年齢の若い方でも乾燥肌になってしまうのでしょうか?

それは

成分の強いクレンジングを使ってることが原因です。

実は強い成分のクレンジングによってセラミドが
取り除かれてしまうと若い方の肌でも乾燥気味になってしまいます。

セラミドを補うための美容液選び

効果の期待できる本物のセラミド成分を使う
成分標示でセラミドの後に数字が書いてあるののが
本当のセラミドです。2、3、6、10の数字が書かれていれば
本物のセラミドが使われている化粧品になります。

安い美容液はあんまり効果がない!?
本来、セラミドは比較的高価な成分です。
そのためあまりにも安い美容液は
セラミドが含まれていたとしても濃度が低い可能性があります。
しっかりお肌に浸透させるためには30mlの美容液1本で3,000円以上を
目安にしてください。

高濃度の乳液タイプを使おう
セラミドは脂質のため、水にはほとんど溶けることがありません。
ということは化粧水や水っぽい肌触りの美容液にはセラミドを高濃度
配合することができないんです。
そのためセラミドが高濃度溶け込んでいる乳化タイプを選ぶようにしましょう。

手作りのコスメでは高価が薄い
たまにネットなどでセラミド原液などが売られていることがあります。
しかし、セラミド入りの化粧品を安定的に配合することはとても難しく
素人が作ることは不可能です。
そのため多少お金はかかっても既製品を使うようにしましょう。

まとめ

セラミドが少ないと
乾燥&敏感傾向になってしまう。

なぜなら

セラミドが減少してしまうと角層に隙間ができてしまい
バリア機能が正常に働かないので
外的刺激が肌内に入ってくるうえ、肌内部の水分も蒸発してしまい
乾燥したり敏感肌になってしまいます。

そのため

高濃度が配合された美容液で
肌のセラミドを補う必要があります。

-未分類, 肌の仕組み

Copyright© あやめの美容ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.