全ての女性に贈る美容専門サイト

あやめの美容ブログ

未分類 肌の仕組み

しわとたるみの原因は真皮のケア不足が原因だった!?驚きの秘密!!

更新日:


 

年齢を重ねるにつれて鏡を見ることが
怖くなっていませんか?

 

実はわたし・・

毎日鏡を見るのがとても楽しいんです(^^)

別にナルシストじゃないですよ~(笑)

 

ではなぜ毎日鏡を見ることが楽しいのか?

それは年齢の割りにはしわが少ないからです!
いやいや自慢じゃありません。

 

実は顔のしわと深い関係にある部分をしっかりとケアをしてるので
その成果がでているというわけなんです。

 

正しいスキンケアをすればちゃんと良い結果が
でるんですから毎日鏡を見るのも楽しくなっちゃいますよね。

みなさん、ちなみに女性の大敵であるしわに一番
深い関係がある顔の皮膚はどこだか知っていますか?

 

今回はそのしわと深い関係にある
真皮についてお話していきたいと思います。

 

ハリと弾力の秘密はここにあった!

それではしわ対策のスキンケアをするために
一番大切な真皮についてお話しますね。

 

真皮にはコラーゲンというお肌を支える線維が
張り巡らされていて
そのコラーゲンの皮膚まわりをエラスチン線維が支えています。

コラーゲン
丈夫なたんぱく質の線維で真皮の約70%を占めています。
ちなみにエストロゲン(女性ホルモン)が減ってしまうと
コラーゲンも減少してします。

エラスチン
たんぱく質からできている弾力性のある線維。
コラーゲンを支える役割をしていてお肌にハリに与えます。

 

イメージしやすいように鉄筋のビルで例えると
コラーゲンがビルの鉄骨の役割をして
その鉄骨をしっかり止めるボルトの役割をしてるのがエラスチンです。

 

このコラーゲンとエラスチンによって肌が支えられているので
肌は重量に負けることなくハリを保ち続けることができるんです。

シワの原因を予防するとっても重要な物質!

先ほどコラーゲンとエラスチンの働きによって
肌のハリを保ちしわを作りにくいと説明しましたが

 

さらにそのコラーゲンとエラスチンを支える
物質のお話をしたいと思います。

 

その物質とはヒアルロン酸などのムコ多糖類です。
ヒアルロン酸はよく耳にしますがムコ多糖類ってあまり
聞きませんよね。

 

このムコ多糖類とは
ゼリー状の物質でビルで説明するなら
鉄筋のまわりを埋めるコンクリートの役割をしてくれます。

 

ムコ多糖類は水分をキープする性質があるおかげで
真皮には約65%の水分が保たれているんです。

 

特に赤ちゃんの肌にはムコ多糖類が多く
真皮の水分がなんと80%もあるため
赤ちゃんの肌はあんなにプルプルで透明感があるんですよ!

 

なぜしわができちゃうの?その大きな原因は??

お肌の最大の敵は加齢紫外線

実はお肌のハリを保ってくれているコラーゲンやエラスチンは
加齢や紫外線の影響で変形し硬くもろくなってしまうんです。

 

特に40代に入ると
コラーゲン・エラスチン・ムコ多糖類の生産される量が
激減してしまいお肌がゆるんでしまうので

たるみ・ゆるみ・しわといったことが起きてしまうんです。

 

真皮の役割:まとめ

真皮にはコラーゲンが張り巡らされていて
そのコラーゲンをエラスチン線維が支えています。

 

このコラーゲンとエラスチン線維が正常に働くことによって
肌のハリと弾力が保たれ若々しい肌に見えます。

 

またこのコラーゲンとエラスチンを
ムコ多糖類と呼ばれるゼリー状のヒアルロン酸が
支えていることによって
透明感と潤いのあるお肌が作られています。

 

このように真皮には
お肌のハリと弾力を保つための大事な役割を担っています。

もちろん加齢によってどんどんコラーゲンは減少してしまいますし
コラーゲンの低下とともに肌の弾力は失われていき
たるみやしわの原因になってしまうんです。

そこでしみとたるみを少しでも遅らせるために
ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に摂取したり

女性ホルモンを活発にすることで
コラーゲンの生産を促すことが必要なんです。

ちなみに

私は真皮の働きを活発にするための
スキンケアは積極的に行っているので
同年代の女性に比べてだいぶ若く見えられています。

もちろん
スキンケアはめんどくさい部分もありますが
美肌番長としてこれからもしっかり美肌を目指していきますよ~!!

-未分類, 肌の仕組み

Copyright© あやめの美容ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.